RSS FEED

東京オフィスマーケットレポート 2019年 夏号

東京レポート

2019年1~3月期のGDP(改定値)は年率2.2%増

1~3月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.6%増となり、仮にこの伸び率が1年続いた場合の年率換算は2.2%増であった。輸出から輸入を引いた「純輸出」が輸入の大幅減でプラスとなったことや、法人企業統計において設備投資が堅調であり、中でも卸売業や小売業、サービス業といった非製造業の設備投資の動きがGDPの伸びに寄与したとされる。

 

主要新築ビル(2019年3月-2019年5月)ビル名:N01.日鉄日本橋ビル、所在地:中央区日本橋1、階数:18/B3、延床面積(坪):約8,280坪、ビル名:N02.渋谷ソラスタ、所在地:渋谷区道玄坂1、階数:21/B1、延床面積(坪):約14,204坪 、ビル名:N03.ダイヤゲート池袋、所在地:豊島区南池袋1、階数:20/B2、延床面積(坪):約15,022坪 、ビル名:N04.日本橋室町三井タワー、所在地:中央区日本橋室町3、階数:26/B3、延床面積(坪):約50,820坪、ビル名:N05.BIZCORE赤坂見附、所在地:港区赤坂3、階数:10/B1、延床面積(坪):約1,132坪、ビル名:N06.住友不動産芝大門二丁目ビル、所在地:港区芝大門2、階数:14/B1、延床面積(坪):約2,598坪、ビル名:N07.PMO新宿御苑前、所在地:新宿区新宿2、階数:9/B3、延床面積(坪):約1,326坪

 

東京都心部のオフィス市場の動き

2019年の東京都心部におけるオフィスビルの新規供給は約154万㎡と、昨年よりやや減少するも比較的高い水準が見込まれる。

すでに開業した日本橋室町三井タワーや、虎ノ門ヒルズビジネスタワー、渋谷スクランブルスクエアなど主要オフィスエリアで大規模な複合オフィスビルの竣工が予定されている。

 

東京都心部のオフィス市場の動き

 
※2019年以降の供給量は予定を含み、代表的なオフィスビルの竣工予定時期は変わる可能性がある。代表的なオフィスビルの名称は略称・仮称、竣工時の名称を含む。※オフィス新規供給量はオフィス用途部分を含む建物(延床面積5千㎡以上)で複合ビルの場合は他用途の延床面積も含まれる。また自社ビルの延床面積も含む。※2019年の平均賃料と空室率は5月時点の水準。資料(データ部) : 三鬼商事「オフィスデータ」、都市未来総合研究所「Office Market Research」より作成 

東京都心部の賃貸オフィス市況-平均空室率

都心5区の5月時点の平均空室率は2.68%で、前月よりわずかに上昇したものの、前年同月比で0.73ポイント低下しており、低下トレンドが続いている。新宿区に続き、渋谷区も1%台に入って空室の少ない状況が続いている。

 

東京都心部の賃貸オフィス市況-平均空室率

 

東京都心部の賃貸オフィス市況-平均賃料

都心5区の5月時点の平均賃料は21,396円/坪となり、前月から117円上昇し、65ヶ月連続の上昇となった。5区の中では千代田区、渋谷区、港区が2万円台で推移している。

 

東京都心部の賃貸オフィス市況-平均賃料

 
※東京ビジネス地区(都心5区)内にある基準階面積100坪以上の主要貸事務所ビルが調査対象。 ※平均賃料については共益費は原則含まない。※平均賃料は、原則として基準階の新規募集条件を対象としている。資料 : 三鬼商事「オフィスデータ」 

多摩地区の賃貸オフィス市況

●多摩地区のオフィス空室率は都内中心と比べて高い水準にあるものの、大規模、大型ビルでは2009年以降の最低値まで低下が進んでいる。大型ビルについては賃料も上昇傾向にある。

●2016年以降、多摩東部の大型ビルの賃料が上昇している。

●多摩西部の賃料水準は大規模と大型ビルで比較的緩やかな上昇傾向にある。

 

多摩東部 : 武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、小金井市

多摩西部 : 立川市、八王子市、町田市、多摩市、日野市、国立市

 
 

多摩地区の賃貸オフィス市況-[ 図表 ] 多摩地区のオフィス空室率推移

 
 

多摩地区の賃貸オフィス市況-[ 図表 ] 多摩地区のオフィス賃料推移

 
 

多摩地区の賃貸オフィス市況-[ 図表 ] 多摩地区のオフィス新規供給面積(中型ビル以上)

 
 

多摩地区の賃貸オフィス市況-[ 図表 ] 多摩東部エリアのオフィス賃料推移

 
 

多摩地区の賃貸オフィス市況-[ 図表 ] 多摩西部エリアのオフィス賃料推移

 
 
ビルの分類(1フロア面積)●大規模ビル: 200坪以上●大型ビル: 100坪以上200坪未満●中型ビル: 50坪以上100坪未満注)賃料はすべて共益費込み

資料:三幸エステート「オフィスレントデータ」より作成

※本レポートの無断転載を禁じます。 Copyright 2019 HEISEI BUILDING CO., LTD.

詳しくはpdfファイルをご覧ください。
>>東京オフィスマーケットレポート 2019年 夏号.pdf

 


« »

お問合せはこちらへ
03-3281-6177
受付時間 平日9:00-17:00
(土曜日・年末年始を除く)
こんなとき ・ビル運営の悩みを解決したい ・テナントリーシングについて相談をしたい ・建物診断を検討したい お問合せフォームへ 資料請求 資料請求はこちらをクリック
平成ビルディングへようこそ
平成ビルディングは、東京大阪地区を中心に営業展開するビル総合管理会社です。1990年の設立以来「ビルオーナー代行プロパティマネジメント等のビル運営サポート」「設備管理や清掃等のビル総合管理」「耐震改修や各種リニューアル工事」「建物診断不動産デューデリジェンス」等のビルマネジメントサービスを提供してまいりました。今後も、お客さまの立場に立ったビル経営のパートナーとして、価値あるサービスを提供してまいります。
【営業拠点】 東京都(中央区日本橋) 大阪府(大阪市中央区)

平成ビルディング株式会社

本社:
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-1-7
OP日本橋ビルディング
TEL 03-3271-9711・9712 FAX 03-3271-0301
関西支社:
〒541-0045 大阪市中央区道修町3-4-10
損保ジャパン日本興亜道修町ビル
TEL 06-4706-3456 FAX 06-4706-3460

ページの先頭へ

(C) Copyright 平成ビルディング株式会社 ALL rights reserved.(株)ホームページサポート